アーユルヴェーダ塾ジュニャーナ塾長日記

アーユルヴェーダについて学ぶアーユルヴェーダ塾ジュニャーナを主催している「塾長」が古典書にもとづいたアーユルヴェーダのお話を日々綴っています。

アーユルヴェーダの食事 ~香りの強い野菜は食べてはいけない!?~

こんにちは。アーユルヴェーダ塾ジュニャーナの塾長です。

 

たまに「アーユルヴェーダでは香りの強い野菜は食べてはいけないのですか?」と聞かれることがある。例えば、ニンニク、にら、ネギなど...

どの本だったか忘れたけど、そんなことが書いてある日本で売られているアーユルヴェーダの本も確かにある。

アーユルヴェーダをきちんと勉強していない人は書かれていることを鵜呑みにしてしまって、これもダメ、あれもダメ、とダメダメをたくさん作ってしまう。

人は「ダメ」が増えるとストレスになる。そして、ストレスがたまり苦しくなって続かなくなる。もしくは、ストレスがたまり体を壊す人がいる。ごくまれに「アーユルヴェーダをやって体を壊しました」という人がいる。

健康になるためのアーユルヴェーダをやって体を壊すことはアーユルヴェーダを正しく理解していないことである。。悲しい。。

 

話はそれましたが...

 

では、なぜ香りの強い野菜を食べてはいけない、とされるのか?

例えば、ニンニクは現代では以下のような効果があるとされている。

ニンニクは健康になる野菜の代表格。

ネギや玉ねぎも同様に健康によいとされている。

それなのになぜ「食べてはいけない」とされるのか。

 

それはアーユルヴェーダのできた背景や宗教との絡み、インドの食糧事情を知れば、食べて良いか、悪いかがわかる。

 

アーユルヴェーダという医学ができる前は、病気の治療はバラモンが祈祷や呪術を行い、祈りを捧げた植物をくれたりしていた。

それがだんだんと体系化された医学となり、バラモンが医者になるという歴史がある。

 バラモンは神に仕え、様々な儀式を行う人たちである。

神に仕える人たちは様々な決まり事がある。その中には「禁欲(ブラフマチャルヤ)」という性欲をコントロールをしなければならない決まり事がある。

そのために、精力を増強させる作用のある香りの強い野菜を食べてはいけない、とされている。

仏教も同様に五葷(ごくん)といって「にんにく、ねぎ、にら、玉ねぎ、らっきょう」のような香りの強い野菜はつかってはいけない、とされている。そのため僧侶の食事である精進料理にはこれらの野菜は入っていない。ちなみに肉を食べないのも同じ理由である。

それから、土は「不浄」とされている。インドでは浄、不浄はとっても厳しい。土の中でできる食べ物は「不浄」な食べ物とされ、厳しい宗派では人参やごぼうなど根菜も食べてはいけない、というのもある。

また、「不殺生」という「命あるものは殺してはいけない」という決まり事もある。にんにくや玉ねぎは根っこなので、根っこごと食べることは、その野菜の命を絶つことと同じになるので「不殺生」に反するために食べてはいけないとされている。

宗教的な考えとは別に、根菜を食べてはいけない、というのもよくよく考えれば、インドのように激しい気候であったり、ましてや宗教的な考えが出来上あがって来た時代は、食べ物を安定的に得ることができるとは限らない。洪水、干ばつ、飢饉があったかもしれないし、戦争もたくさん起きていたはずである。根っこごと食べてしまうことは次の収穫ができなくなることである。「種(たね)」は残さなければならない。食料を確保するために根菜類を食べないようにしたのではないかとも考えられる。

 

そういったインドの歴史や宗教、食糧事情などを考えれば「食べてはいけない」という理由がわかる。

アーユルヴェーダの食事は、書いてある本をそのまま鵜呑みにしてはいけない。なぜダメなのかと考えなければならない。インドの歴史的、宗教的背景、現代栄養学を考慮し、今の自分の体調などを考えて、今の自分に必要か必要でないかを決めること。そう言った意味では、アーユルヴェーダだけではなく、様々なことを学ばなければアーユルヴェーダを真に理解できないのかもしれない。大変だ、、、

 

アーユルヴェーダで言えば、香りの強い食べ物は辛味が多い。辛味は体を温め、消化力を強くする。消化力が弱っている時には辛味はよい。

最近、暑い日が続いているが、暑さが続くと消化力が弱る。また、エアコンや冷たい物の取りすぎで体が冷えている方も多い。今の時期には香りが強い食べ物はよい。

 

私たちはバラモンではないし、修行僧でもない。やたらめったら性欲を爆発させることはよくないことだが、禁欲まではする必要はない。むしろ、少子化の日本は男女ともに精をつけて子孫繁栄しなければ日本が滅びる。

また、精力があるということは、健康であり元気であることの証明でもある。健康で元気でいなければ私達はよい人生をおくれない。

 

 

注意!

食べ過ぎると下痢や炎症を起こすので、食べ過ぎもよくない。アーユルヴェーダは何事もバランスである。

 

 

 

f:id:ayurvedacramshooljunana:20170711105316j:plain

 

 

~お詫び~ 講座「ゼロからのアーユルヴェーダ」 新規ご依頼の一時中止のお知らせ

こんにちは。アーユルヴェーダ塾ジュニャーナの塾長です。

 

塾長が開催しておりますアーユルヴェーダ講座「ゼロからのアーユルヴェーダ」についてのお知らせです。

 

アーユルヴェーダにご縁のある方だけにお会いできれば、とひっそりと始めた講座でしたが、現在なぜかご好評いただき多くの方からご依頼をいただいております。大変ありがたく心より御礼申し上げます。

 

たくさんのご縁に恵まれ、しあわせな時間を過ごさせていただいているのですが、

困った問題も発生しております。

ご希望が多いため皆様のご希望の日時と、塾長との都合が合わなくなってきてしまいました。

アーユルヴェーダを勉強したい!と思う皆様の強いお気持ちに答えて、皆様の勉強できる日、時間、場所に出向くことが塾長の理念ですが、それをまっとうできず大変心苦しく泣く泣くお断りさせていただいている次第です。。

 

そのため、新規に受講をご依頼される方のお申し込みを「一時中止」にさせていただきます。

 

現在、継続して受講されている方は今までどおり承ります。なんの変更もございませんので、安心してお勉強を続けてください。

また、一度でも受講したことがありお仕事やご家庭の都合などでお休みされている方、また途中で断念した方も今までどおり承りますので、メールにてご希望の日時、場所、時間数をご連絡ください。

 

 

新規のご依頼につきましては9月から再開する予定にしております。

再開の目処がたちましたらブログにてご連絡いたします。

 

7.8月は塾長もアーユルヴェーダサンスクリットインド哲学等の勉強のがんばってやっていきたいと思っておりますので、今までよりも多くの知識を皆様にお伝えできるよう頑張ります。また、停滞気味のブログも更新できるように努力していきますので、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

※ 6月もすでにご予約で満席となっております。継続受講の方、新規ご依頼の方どちらも承れませんのでご了承ください。申し訳ございません。

 

※このブログの掲載前にご連絡いただいた新規受講の希望の方については受講を承ります。メールをいただいた方には返信しておりますのでご連絡ください。コメント欄にご質問いただいた方は「はてなブログ」に登録されたメールアドレスに返信しておりますのでご確認ください。

 

ご質問等ございましたら下記メールアドレスまでお願いいたします。

 ayurvedacramschooljunana@yahoo.co.jp

 

 

怒りに打ち勝て

こんにちは。アーユルヴェーダ塾ジュニャーナの塾長です。

 

ゴールデンウィーク、いかがお過ごしですか。

楽しいハズの休日。でも、イライラしたり怒っている方もいるのでは?

渋滞にハマってイライラしている方、

家族がお休みで3食ご飯作りで「私は給食のおばさんかい!」ってイライラしている方、

もしくは、みんなが楽しんでいる中、お仕事中でイライラしている方もいるでしょう。

 

そんな方へ塾長からプレゼント。

 

インドの仏典「ダンマパダ」(法句経:ほつくきょう)の「怒り」と題する第17章より

 

「怒らないことによって、怒りに打ち勝て」

 

という言葉をプレゼントします。

塾長もすっごい腹の立つことがあって、それをずっーと引きずっていたことがあったの。でも、たまたま読んだインド哲学の本にこの言葉が書いてあり、ハッとしてしまった。この短い文章で「怒り」から解放されて楽になった。イラッとした時は、この言葉を思い出して心を落ち着かせるようにしている。

 

 

アーユルヴェーダは「怒り」も病気と捉える。

いつまでも病気でいることは辛い。風邪を引いて鼻水がいつまでも止まらないとか、いつまでも咳をゴホゴホしているのは辛いよね。それと同じ。

身体的な病気は薬を飲めば治る(こともある)。では「怒り」という病気を治すにはどうしたらよいか。

塗ると怒りが治まる薬、飲むと怒りが治まる薬なんてものがあれば便利。

アロマテラピーとかハーブティーを飲むことなんかが「怒り」を治める薬に近いかもしれない。それから、インドの聖典も読むのもよし、呼吸法をするもよし、怒りと反対の癒されるものに触れるのもよし・・・人それぞれの「怒り」の治療法があると思う。

 

「怒り」は病気と思い、医者になったつもりで自分の「怒り」という病気を克服する治療法をさがしてみたらいかがでしょうか?

 

せっかくのゴールデンウィーク。「怒り」という病を克服して楽しもう。

 

しっくりいくのはどっちだ?

こんにちは。アーユルヴェーダ塾ジュニャーナの塾長です。

 

アーユルヴェーダの本を読んだり、入門講座などに行くとまず始めに説明されるのが「アーユルヴェーダ」という言葉の意味である。

アーユルヴェーダというのは、インドのサンスクリット語という言葉の「アーユス」という言葉と「ヴェーダ」という言葉がくっついて「アーユルヴェーダ」という言葉になったのですよー、とたいていの人は教えられる。

そして、「アーユス」は「生命」、「ヴェーダ」は「科学」という意味で、アーユルヴェーダを日本語に訳すと「生命の科学」ですよー、と説明される。

 

塾長は以前からこの「生命の科学」という訳がなんかしっくりいかない。

なんかわかったような、わかんないような訳である。アーユルヴェーダを学んで行くとますますこの「生命の科学」という訳に違和感を感じる。

 

「科学」を英訳するとScience(サイエンス)である。「科学」という言葉をイメージすると塾長はどうにも「でんじろう先生」がやっている理科授業の実験みたいなイメージになってしまう。アーユルヴェーダとでんじろう先生はどうにもこうにも結びつかない(でんじろう先生は好きだけどね(*´ω`*))

 

Scienceには「科学」という意味もあるが「技術」という意味もある。アーユルヴェーダは医学なので医学を「病気を治す技術」ととらえても間違えではない。

それでも「技術」という言葉にも違和感を感じる。日本人のイメージする「技術」は手や道具をつかって何かを作り出したり、直したりするイメージが強い。

確かに、アーユルヴェーダでも外科的な処置をするので、それは「技術」である。

オイルトリートメントやシロダーラのやり方やオイルのつくり方も技術である。

でも、それらはアーユルヴェーダのごくごく一部でしかない。これらの「技術」をアーユルヴェーダであると勘違いされては困る。

 

Scienceの語源はラテン語のScientia(サイエンティア)から派生した言葉である。ScientiaはさらにScioという「知る」という言葉から派生し意味は「知識」である。

 

また、アーユスの語源は「イ」という言葉で、行く、生きる、到達する、赴くなどという意味がある。

 

チャラカ・サンヒターなどのアーユルヴェーダのテキストを読むと、もちろん技術的なことも書かれてはいる。

しかし、それよりかは「この人生をいかにして生きるか」「よりよく生きていくためにはどうしたらよいのか」「真の幸福を得るためにはどうしたらよいか」というような哲学的、道徳的内容の方が多く、そして深い深い意味がある。

それらの深い意味を知り、心にとめおきながら生きることで病気を防いだり、病気を治して、心穏やかに生きることが大切である、ということを読み取ることができる。

 

アーユルヴェーダを「生命の科学」と訳すよりかは「生きるための知識」や「よりよく

生きるための知識」などと訳したほうが非常にしっくりする気がするのである。

 

さて、みなさんはどちらの訳がしっくりすると思いますか?

それから、もっともっとアーユルヴェーダのよい訳があったら教えてくださいねー。

 

f:id:ayurvedacramshooljunana:20170415125148j:plain

 

 

アーユルヴェーダで病気は治らない!?

こんにちは。アーユルヴェーダ塾ジュニャーナの塾長です。

 

アーユルヴェーダに限らず、日本では伝統医学を現代医学では治せない病気の「最後の砦」として考えている人が少なからずいる。

アーユルヴェーダや伝統医学信奉者にはぶん殴られるかもしれないけど正直に言おう。

 

「こじれてしまった病気」は伝統医学では治せません!

 

例えば、風邪を引きそうなだな、会社を休むほどじゃないけどなんかダルいなぁ、って時に栄養のあるものを食べ、葛根湯を飲んで、さっさと寝れば翌日には良くなっている場合は多い。

けれど、高熱がバンバン出てて喉も腫れ、節々が痛くて、ご飯も食べられない、身動きも出来な状態なのに葛根湯をチマチマ飲んでても治らない。さっさと近所の病院へ行っって抗生物質ももらってきなさーい、っと声を出して言いたい。

 

現代医学の治療ができない程にこじれてしまった病気を伝統医学で治そうってのは無理がある。そんなことができたら現代医学なんていらない。みんな伝統医学で治療すればいい、ってことでしょ。

チャラカサンヒターにも病気には治る病気と治らない病気もある、ってハッキリ言っている(チャラカサンヒターの時代には治せなくても現代医学で治せる病気もあるケド)アーユルヴェーダや伝統医学は万能ではない。もちろん現代医学も万能ではない。医学は完璧ではないからね。

なんでアーユルヴェーダや伝統医学を「最後の砦」と信じる人がいるかというと、アーユルヴェーダや伝統医学をとりいれたら劇的に症状が軽くなったり、QOLが向上する場合や治る場合もあることにはある。それをアーユルヴェーダや伝統医学のおかげ!と宗教のように信じてしまい拡散する人がいる。それは絶対にやめて欲しい。今まで続けてきた治療の効果がたまたま伝統医学を取り入れ出した頃から出てくる場合もあるし、たまたまその人にアーユルヴェーダや伝統医学があっただけで、病気や体質はみんなちがうのだからみんなおんなじことがあてはまるわけではない。

特に今の日本ではアーユルヴェーダの本格的な治療を受けることはできない。アーユルヴェーダの治療を取り入れている病院もあるにはあるけど全国の人が地理的な面や経済的な面で気軽に受けれるわけではないし、日本の医師免許をもったドクター=(イコール)アーユルヴェーダドクターというわけではないし日本ではできない治療もたくさんある。

 

現代医学は現在ある病気を治療したり症状を鎮静化することがメインだけれども、アーユルヴェーダや伝統医学は現代医学と同じ側面もあるけれどメインは「病気にならないための身体をつくる」こと。特にアーユルヴェーダは身体だけはなく病気にならないための「精神(心)」も重要視していること。「心」が変わると行動がかわる。行動がかわると「身体」も変わる。たとえ病気になってしまったとしても、アーユルヴェーダの治療が受けられなくても「精神(心)」をかえることは誰でもできる。むしろ、「精神(心)」の治療は自分にしかできない。それからアーユルヴェーダでは「なぜ病気になるのか」ということも教えてくれる。それらを学び自分を振り返り、自分の心もみつめることもできたら、もしかしたら何かが変わるかもしれない。

 

病気の治療としてアーユルヴェーダを取り入れるのであれば、よく現代医学の先生と相談すること。そして信頼できるアーユルヴェーダドクターをさがして欲しい。日本人のアーユルヴェーダドクターもいるからね。全国のアーユルヴェーダセラピストのみなさんには申し訳ないけど、セラピストはドクターではないからくれぐれも相談をする人を間違えないようにね。ご存知だと思うけど、塾長もドクターではありませんので病気の相談はできませんのであしからず~( ´・ω・`)ノ~

 

f:id:ayurvedacramshooljunana:20170305110737j:plain

アーユルヴェーダを学ぶ本当の意味

こんにちは。アーユルヴェーダ塾ジュニャーナの塾長です。

アーユルヴェーダは医学なので身体を健康にしたり、病気を予防したり治療する方法を教えてくれる。

けれど、本当の学ぶ意味は「自分は自分らしくどう生きていくか」ということを知ることにある。アーユルヴェーダは「あなたは〇〇をやって生きていきなさい!」なんて直接的な答えはだしてくれない。

けれど

「自分がどう生きたいのか」

「自分はどうしたいのか」

「自分はどうありたいのか」

ってことをみつけるためのヒントをたくさんだしてくれる(そのヒントをキャッチできるかできないかにもよるけど。。)

でも、キャッチできたところでヒントだけなので自分でう~ん、う~んと唸りながら悩みながら答えをみつけなければならない。自分に向き合うのは苦しいし、しんどい。でも、自分に向き合わなければ、本当の自分はわからない。

アーユルヴェーダって不親切だな、と思われるかもしれないけど、人に「こうしなさい」「あぁしなさい」って決められた人生は続かない。

いずれ「私のやりたいことはそうじゃない、なんか違う」って思う日がくる。自分で考えに考えに決めた人生ならそんなことは思わないし、迷いなく自分の道を進んでいける。だから自分に向き合い、自分で考え、自分で答えを出さなくてはいけないのだ。

そして「こう生きる!」って決められたら、健康でなければならない意味が心底理解できるようになる。健康でなければ自分のやりたいこと、自分がやるべきこと、叶えたいことを叶えられないって強く感じられるようになる。そこで、アーユルヴェーダを実践する意味がわかる。

アーユルヴェーダのオイルうがいとか、舌掃除って続かないんですよね~」という人がいるけど、ただ流行りだから、ネットで良いって言ってるから、芸能人がやっているからでアーユルヴェーダを実践しょうっていう人には、なぜ健康でいなければならないのか、っていう本当の意味に気づいていない。そういう人にはアーユルヴェーダは続かない、というかアーユルヴェーダに限らずなにも続かない。ただ流行りにのかっているだけの人生で終わる。 

 

 

悲報 体質は改善しない

こんにちは。アーユルヴェーダ塾ジュニャーナの塾長です。

 

アーユルヴェーダで体質改善!」なんてうたっているサロンは多いし、体質改善するためにアーユルヴェーダをがんばっている方も多い。

 

がんばっている方々には残念なお知らせですが、チャラカサンヒターでは「体質は一生変わらない」と言っている。「えー、アーユルヴェーダで体質変わりましたよ」と言う方もいるかもしれない。チャラカサンヒターでは「もし、体質が変わるとしたら、死の直前かもしれない」と言っているので、体質が変わった方は死ぬよ、ってことになる。

 

体質は一生変化しない。カパ体質の人は一生浮腫みなどのようなカパの問題に悩まされ、ピッタ体質の人は一生炎症しやすといったピッタの問題に悩まされ、ヴァータ体質の人は一生皮膚の乾燥といったヴァータの問題に悩まされのだ。体質は弱点ともいえる。

 

アーユルヴェーダで体質改善した、という方はアーユルヴェーダで体質が改善したのではなく、アーユルヴェーダの理論で体質による弱点が出ないように対処した結果でしかない。もし、対処をやめてしまえば、また体質による弱点に悩まされる。