アーユルヴェーダ塾ジュニャーナ塾長日記

アーユルヴェーダについて学ぶアーユルヴェーダ塾ジュニャーナを主催している「塾長」が古典書にもとづいたアーユルヴェーダのお話を日々綴っています。

幸せになる方法 その1:健康は幸せの土台

こんにちは。アーユルヴェーダ塾ジュニャーナの塾長です。

 

前回、前々回と「幸せ」について綴っているが「幸せ」になるためにはどうしたらよいのだろうか?

幸せになる方法はさまざまある。

どんな方法があるか何回かに分けて書いていこうと思う。

 

幸せの価値観は人それぞれ。

お金がたくさんあることが幸せ、と思う人もいる。

美味しい物を食べるのが幸せ、と思う人もいる。

好きな人と一緒にいることが幸せ、と思う人もいる。

子供がいることが幸せ、と思う人もいる。

一人で自由気ままに生きることが幸せ、と思う人もいる。

etc...

どれもこれも優劣はなく素敵な幸せだ。

 インド風に言うと、

これらは世俗的繁栄(アビウダヤ)と言われる。

世俗的繁栄を積極的に求める促進の道(プラヴリッティ・マールガ)である。

法や道徳、倫理を守りながら(ダルマ)、お金を稼いだり(アルタ)、恋愛を楽しんだり、自分のやりたいことを積極的に求めること(カーマ)によって、

解脱(モークシャ)という究極の幸せ(精神的幸福:ニヒシュレーヤサ))が得られるという考え方がある。

法やルールや道徳に反さなければ世俗的な幸せを求めてよいのだ。

 

アーユルヴェーダも幸せになる方法の一つだ。

アーユルヴェーダでは「健康=幸せな人生」と言っている。

なぜなら、健康であることはどんな幸せに対しても土台になるから。

「病気=不幸な人生」とアーユルヴェーダでは言う。

病気の人にとっては厳しい言い方であるがアーユルヴェーダには優しさもたくさんあるのだが厳しさもある。

誤解しないで欲しいのだが単に病気だと不幸というわけではない。

病気だとダルマ・アルタ・カーマが実践できないので病気は不幸だと考える。

病気でもダルマ・アルタ・カーマが実践できていれば不幸ではない。

 

法やルールを守るのは病気だから、健康だからとは関係ない。

病気だからと言って何をやってもいいわけではない。

お金を稼ぐことは病気でもできる。

医学も技術も発達している現代では病気でも仕事はできる。

塾長の亡き父は癌だったが午前中は抗がん剤の点滴治療をし午後は仕事に行っていた。

在宅ワークやテレワークが広がりにより出勤せずに仕事ができるようになった。

自分が病気になったことで不便さから便利になるように新たに商品を開発してお金を稼いでいる方もいる。

闘病記を発信してお金を稼ぐことだってできる世の中だ。

病気でも誰かに愛されたり、誰かを愛することはできるし、制限があったとしてもやりたいことをやることはできる。

病気でもダルマ・アルタ・カーマを実践していれば幸せであり、

健康でもダルマ・アルタ・カーマを実践していない人は不幸だ。

病気は体だけではなく心も含めて苦痛や苦しみがある状態とされる。

たとえ病気でも苦痛や苦しみがきちんとコントロールできていれば病気ではない。

肉体が病気でも心が健康であればそれも健康。

肉体は健康でも心に苦痛や苦しみがあればそれは病気。

心の苦痛や苦しみを取り除く必要がある。

(心の苦痛や苦しみを取り除く方法はまたの別の回でアップする予定)

 

ただ、やはり病気だと制限がどうしてもついてしまう。

お金を稼ぐにも病気だと思うように働けない。

美味しい物を食べるのも病気だと食べられない。

好きな人と一緒にいたくても病気で寝込んでいたら一緒にいれらない。

感染症にかかれば隔離生活だ。

好きな人にも会えないしハグもチューもできない。

子供を産むのも育てるのも健康でなければで大変だ。

一人で自由に生きて行くにも病気だと人の手を借りなければならない。

健康は自分が幸せに生きるための土台となる。

 

もし、自分が幸せではないな、と感じたり、

自分の幸せがなんだかわからない、と言う方は、

まずは、健康という幸せになるための土台を作るのはどうだろうか?

アーユルヴェーダの健康は体と心の両方が健康であること。

体と心をしっかりケアしていくことで自分にとっての幸せになるための土台作りをしてみよう。

健康という土台がしっかりしていればその上にいくらでも幸せを積み重ねることができる。

逆に、健康という土台がしっかりしていなければいくら幸せを積み重ねても崩れていってしまう。

 

f:id:ayurvedacramshooljunana:20210421132241j:plain

 

あなたは幸せになっていい

こんにちは。アーユルヴェーダ塾長ジュニャーナの塾長です。

 

前回のブログで「自分の幸せを優先しよう」と言うブログを書いた。

しかし、

自分が幸せになることに抵抗を感じる方も多い。

日本人の幸福度は主要先進国の中でも1番低い。

日本人は控えめで謙虚な人種。

自ら「自分は幸せです」と言うことに抵抗があったり罪悪感を感じがち。

皆さんも「あなたは今、幸せ?」と問われたときに胸を張って堂々と「私は幸せです」と言える?

本当は幸せでも少しテレが出てしまい「いやいや私なんて...」なんて言ってI'm happy!となかなか口にだせない。

言いにくい空気感もある。

幸せになることにブロックをかけがちで少し幸せを感じにくい民族なのかもしれない。

 

それから、

アーユルヴェーダやヨガを学ぶと、

欲望を捨てなさい、

欲望から離れなさい、

などと言われて幸せを望む事が自分の欲なのではないか、と思ってしまっている方もいる。

ハッキリ申し上げよう。

幸せは求めていい!

あなたは幸せになっていい!

前回のブログでも言ったが、

あなたが幸せでなければ誰かを幸せにすることができないのだから。

 

アーユルヴェーダは幸せな人生をおくるための学問。

あなたの肉体、心とついでに言えば魂が幸せになるための学問。

幸せになることを目指している学問なのだから人は幸せになって良い、というのが前提。

アーユルヴェーダを学び、実践し幸せをトコトン追求してほしい。

 

インドでは古代から現在に至るまで、

神々に賛歌をささげ、

賛辞や供物を送り神々を喜ばせ、

妻を得ること、

子孫繁栄、

学業成就、

豊作、

降雨、

健康、

長寿、

といった様々な現実的な幸せを祈願することが頻繁に行われている。

インド占星術やインド風水も盛んだ。

悪い時を避け、悪いカルマを解消し悪い場を避けより幸せに快適に生きられるようにする。

日本人より幸せになることに貪欲。

 

ただし、

アウトなのは幸せに執着したり間違った幸せは持ってはいけないということ。

もし幸せを失いそうになった時に執着してはいけない。

例えば、恋人がいて幸せな時を過ごす。

しかし、別れがくる時もある。

恋人に執着してわがままを言って困らせたり、

さらに手放したくないとストーカーになってしまったり...

執着は怒りを引き起こす。

怒りから恋人を殺めてしまう...

極端な話だがなきにしもあらずだ。

幸せに執着するばかりに不幸になると言う悪循環がおきる。

人は持っているものを手放すのが苦手。

失いそうになると手放したくない、と強く思ってしまう。

自分にとって良いものは手放したくないと執着してしまうので気を付けなければならない。

何事も変化する。

幸せが永遠に続くこともない。

時には幸せを手放さなければならない時もある。

幸せを手放したくないからと執着し誤った道に進んではいけない。

手放してこそ新たな幸せがくる。

 

それから、

お酒や薬物、誤った性行為などは手っ取り早く多幸感を感じることができる。

それらは一時の快楽でしかなく幸せではない。

 

法や道徳、倫理、人として正しい道から外れた幸せを求めることはやってはいけない。

しかし、

人として正しい幸せを求めるのことは悪いことではない。

誰に気兼ねすることなく遠慮なく幸せになり

I'm happy!

と心の底から言って欲しい。

そして、

得た幸せを分け与えよう。

あなたが幸せになることがみんなの幸せになるのだから。

 

f:id:ayurvedacramshooljunana:20210328102524j:image

 

 

誰かを幸せにするために必要なこと

こんにちは。アーユルヴェーダ塾ジュニャーナの塾長です。

 

誰かを幸せにしたい、

誰かの役に立ちたい、

困っている人を助けたい、

仲間のためにがんばりたい、

家族に幸せになってもらいたい、

お客様を癒したい、

生徒さんの要望に応えたい...

など...

 

他者に協力をしたり、

誰かに喜んでもらうことをしてあげたい、

と願う方は多いのではないだろうか。

また、自分が望まなくても他者のために力を貸したり、

助けたりしなければならないこともあるだろう。

アーユルヴェーダでも家庭や社会、さらには地球レベルで役に立つことは有益な人生であるとされる。

(そのために健康でなければならないと説くのがアーユルヴェーダ

また、善行は解脱にも必要だ。

 

他者のために何かをする際に必要なことがある。

愛、やさしさ、慈悲の心、信頼、責任感、知識、技術、お金...などなど

たくさん必要なことがある。

しかし、最も必要なことがある。

それは「自分が幸せである」ということ。

 

自分が幸せではないと他者を幸せにすることは難しい。

仕事がいっぱい、いっぱいで余裕がないのに力を貸して、と言われても困るだろう。

愛する人がいなくなって悲しみにくれているのに助けて、と言われてもできない。

もちろん、自分が幸せではなくても他者の役に立つことはできないことはない。

しかし、もし自分が誰かに助けてもらいたい、と思った時、

何か問題を抱えている人、

不安や心配を抱えている人、

悲しみに覆われているような人に助けてもらいたいだろうか?

塾長だったら「こちらのことより先にご自身の問題を解決してから手を貸して」と言ってしまう。

不安や心配がある方だとこちらも「この人、大丈夫かいな?」と不安や心配になる。

悲しみに覆われている方だとこちらも悲しくなる。

体調が悪い時に人のお世話はつらい。

お世話される方も体調が悪いなら「寝てておくれよ」と思ってしまう。

アーユルヴェーダでは体も心も健康であることが幸せであるとされる。

 

また、問題や悩み、不安、心配があると「心のゆとり」がなくなる。

「心のゆとり」がないと相手の気持ちを汲み取ったり、

相手が求めていることを理解することができない。

人は「心のゆとり」がないと他者中心に考えられない。

人は自分の幸せ、自分の都合や感情を優先する。

自分や大切な人や物を守るには人として当たり前。

しかし、幸せだと「心のゆとり」ができる。

相手を中心に物事を考えることができる。

また、多少の自己犠牲が苦でない。

人の役に立つには多かれ少なかれ自己犠牲が必要だ。

特に自分が嫌でも他人のために何かをしなければならない時の自己犠牲はストレスがたまる。

ストレスをためながらイライラされながら助けてもらうのもお互い辛いだけだ。

 

相手を求めていることを叶えてあげるには、

相手の考えていること、

言いたいことを汲み取らなければならない。

そのためには、相手にフォーカスしなければならない。

頭も使えば体力も使う。

集中力、体力と言ったエネルギーが必要だ。

偏見かもしれないが、老若男女問わず幸せそうでない方をみるとエネルギーに満ち溢れている感じはするだろうか?

疲れていて、暗い顔をしていてエネルギー切れって感じではないだろうか?

幸せでない時は心も体も疲弊していることが多い。

そんな時に他者にエネルギーを注ぎ込むことなんてできない。

心の余裕、肉体的エネルギーのなさから他者中心に物事を考えることができず、

相手が求めていることと違うことをしてしまう可能性もある。

相手の希望と違うことをすれば感謝されない。

そうなると不満や怒り、悲しみから余計にエネルギーを消耗してしまうかもしれない。

助けてあげるつもりが、役に立つはずだったのが自分がエネルギー切れになってしまっては意味がない。

 

幸せは「分け与えるもの

自分が幸せであるからこそ他者へ幸せを分けてあげることができる。

我慢や自己犠牲で成り立つものではない。

誰かを幸せにしたければ、

まずは「自分の幸せ」を優先しょう。

 

f:id:ayurvedacramshooljunana:20210327142742j:image

 

はしゃぎすぎず、恐れすぎずに春を楽しむ

こんにちは。アーユルヴェーダ塾ジュニャーナの塾長です。

 

塾長が住む神奈川県も緊急事態宣言が解除された。

桜の開花がはじまり春が来たなと感じるようになった。

1年前の今頃は小池のオバ...ではなく、

小池都知事が「Stay Home!Stay Home!」と連呼していた。

しかし、呼び声虚しくお花見の時期も重なり多くの人が外出。

新型コロナウィルスの感染者は増え続けた。

そして、4月7日に1都3県、大阪、兵庫、福岡に1か月半に及ぶ緊急事態宣言が発出された。

ほとんどの方が家でおとなしくしていた。

 

この頃はえたいの知れないウィルスと経験したことがない緊急事態宣言が出るのか、

出ないのか、

自分たちの生活はどうなるか等と不安を誰しもが抱えていたのではないだろうか。

 

そして、一年で世界は大きく変わった。

生活も変わったが、

新型コロナウィルスはえたいの知れないウィルスだったが少しずつわかってきている。

感染しやすい場面、

重症になりやすい人などもわかってきた。

ボチボチだがワクチンの接種もはじまった。

亡くなる方も劇的には増えていない。

医療従事者のおかげだ。

変異株がどうのと言っているがウィルスなのはかわらないから対策もかわらない。

世界は止まってはいない。

少しずつかもしれないが進んでいる。

私達もこの一年で多くのことを学んだ。

 

私達がやるべきことはわかっている。

↓これらをひたすら守るしかないのだろう。

f:id:ayurvedacramshooljunana:20210316170255j:plain

そして、万が一、感染しても重症にならないよう、

不安や心配から心が折れないよう日頃から心身ともに体を整えておくのも変わらない。

 

感染症対策をしっかりしていれば、

今年の春は昨年のようにウィルスや人の目を気にして家に閉じこもっているのも違う。

 

日光浴をしたり汗ばむ程度に歩いたり体を動かすことは体を丈夫にしストレス発散になる。

冬に外出自粛であまり体を動かさなかったり、食べ過ぎていた方は蓄積したカパが悪化している可能性がある。

体を動かすことはカパのバランスを整える。

 

大地や海や空から自然のパワーを頂戴することも人を元気にさせる。

 

かと言って、

ワイワイと花見だなんだーと集まって騒ぐのも違う。

 

想像力と他者と自己を思いやる心をもってバランスよく生きること。

楽しむことも生きていくのに必要。

それがアーユルヴェーダだ。

 

f:id:ayurvedacramshooljunana:20210322110944j:image

 

 

己の考え、己の言葉に人は集まる

こんにちは。アーユルヴェーダ塾ジュニャーナの塾長です。

 

細々と続けてきたこのブログ。

今年の夏前には6年目に突入する。

アーユルヴェーダやヨガ、インドの思想、インドの神様やインドの文化の話はネタの宝庫だ。

塾長は料理やハーブの話はしないが、

料理やハーブまでいれたらキリがない。

調子がよいと3~4つ同時進行で書けストックができていることもある。

しかし、

どうにもネタが思いつかない、

ネタはあるけど書けない、

という時がある。

時間がなくて書けない、

という時もあるのだが、

そういうことではなく書けない時は本当に苦しい。

そういう時のことを「ブログ便秘」と呼んでいる。

 

そんなブログ便秘の時でも自分に課したことがある。

それは「他人のブログをパクらない」ということ。

他人様のブログをパクるぐらいなら書かない、と決めている。

アーユルヴェーダやインドの話のブログは書いている方はたくさんいる。

塾長よりもすごく勉強している方もいる。

塾長の稚拙な文章より読みやすいブログもたくさんある。

そういう方々のブログをパクるとこまではいかなくても参考にして書くこともできなくはない。

 

でも、自分で発信するからには

「自分で学ぶ」

「自分で考える」

「自分の言葉で書く」

べきだと思っている。

 

アーユルヴェーダやインドの思想は決まった考え方がある。

根底に流れるものは普遍であるから、

そこを変えてはもちろんいけない。

古典書の引用がカブることもある。

まとめると言いたいことは同じだよね、

というのは仕方がないことでもある。

それでも、

「自分の考え」を「自分の言葉」で綴り、発信することに意味があると思っている。

 

人と同じことを言っても意味がない。

そこには成長がない。

他人に頼っていると結局は行き詰まる。

 

集客をしたい、と思っている方は特に。

サロンやヨガ教室、セミナーなどは技術や内容に人が集まるのではなく、

それをやっている人に集まる。

きれいなサロン、

いいオイルを使ったサロン、

素晴らしいテクニック、

内容が充実したヨガレッスンやセミナーでもあっても、

やっている人に魅力がなければ人は集まらない。

このセラピストさんにやってもらいたい、

この先生に教えてもらいたい、

この人に会いたい、

と思わせなければ人は集まらない。

それには、

自分の考え、

自分の想い、

を「自分の言葉」で伝えなければ相手には伝わらない。

別に知識や情報を発信する必要はない。

自分が持っている知識や情報、経験したことから自分はどう思うのか、

自分に何ができるのか、

と言うことを発信すればよい。

 

「あなたは一体何を伝えたいの?」

「あなたは一体何をしたいの?」

と問われた時に拙くてもよい、

くどくてもいい、

言葉足らずでもいい、

それでも自分の言葉で発することに意味がある。

その発した言葉に惹きつけれて人が集まる。

他人の言葉を借りていたら自分の想いは伝わらない。

他人の言葉では自分の考えや自分の言葉ではないから突っ込まれた時に言葉がでなくなる。

結局は薄っぺらさが際立ってしまう。

そして人は離れて行ってしまう。

この人に「また」会いたい、とならない。

 

パクりや人マネは簡単だ。

でも、それは本当の自分ではない。

自分ではない自分で生きることは苦しい。

人マネではなく、他人の考えや他人の言葉ではなく自分の考えや自分の言葉で生きることは「自分らしく生きること」ではないだろうか?

 

「自分らしく生きる」ためにはどうしたら良いのか?

それは、

自分を知り、

自分に問い、

自分の生き方、

自分ができること、

自分がやりたいこと、

自分が伝えたいこと、

を自分で答えをみつけ

「私はこうやって生きていくのだ」

と言うポリシーを持つこと。

そもそも、自分の生き方を持っていないと自分らしくは生きられない。

 

自分を知ることは辛い時もある。

自分の嫌な部分、足らない部分も見なくてはいけない。

目を背けたくなること、知りたくない現実もあるだろう。

そう言う苦しい部分をみなくてはならない。

アーユルヴェーダやヨガ、インド占星術、インドの思想は自分を知るヒントを与えてくれる。

しかし、ヒントだけだ。

与えてもらったヒントをから自分のダメな部分を受け入れたり、努力して克服して行く。

それを積み重ねることで自分を知り、自分の考えや生き方がうまれてくる。

自分と向き合って自分の考えや生きザマをみつけ

「自分の言葉」で「自分の想い」を発していって欲しい。

そうすれば、あなたの熱い想いが伝わった人達が自然と集まる。

 

f:id:ayurvedacramshooljunana:20210321044517j:image

 

 

 

 

 

結果を急いでむやみに努力しない

こんにちは。アーユルヴェーダ塾ジュニャーナの塾長です。

 

アーユルヴェーダの治療は基本時間がかかる。

一回オイルマッサージをしたところで全てがよくなるわけではない。

ハーブを一回飲んだからと言って劇的に症状がよくなるわけではない。

(劇的によくなる場合もあるがレアケース)

継続してオイルマッサージを行うことで結果がでる。

ハーブも飲み続けることによって効果がでる。

 

アーユルヴェーダは急性の病気治療よりも慢性の病気の治療の方が得意。

慢性の病気の治療はアーユルヴェーダに限らず現代的な治療、漢方、中医学など他の医学でも時間がかかる。

 

アーユルヴェーダは病気の治療と病気予防があるが予防にも時間がかかる。

たまに健康的な食事を食べたからと言って健康になるわけではない。

たまにヨーガや瞑想をやっても効果はない。

コツコツ毎日継続してやることで時間がかかるが効果がでる。

 

勉強はなんでもそうだがアーユルヴェーダを理解するにも時間がかかる。

コツコツと諦めず知識を積み上げることで理解できるようになる。

ヨーガや瞑想もすぐにできるようにはならない。

毎日、毎日、練習することでできるようになる。

 

しかし、人はすぐに結果を求めてしまう。

特に現代人は「今すぐ結果をだしたい」と思いがちだ。

治療、健康、勉強、ヨーガもそうだが何か新しく始めたことや仕事などでも「すぐに結果をださなければ!」と焦ってしまう。

スピード感を求められる時代なので仕方がないのかもしれないが...

 

心の焦りからアレコレ手をだしてしまう。

病院やセミナーや先生を渡り歩いてしまう。

そして、色んな人に色んなことを言われて頭が混乱してしまう。

手を広げすぎて自分は何をやりたかったのわからなくなってしまう。

自分を見失い結果をだす前に挫折してしまったり心が折れてしまったり、

そんな自分を責めてしまったり...

 

結果をだすために努力することは必要。

しかし、焦りから努力の方向を間違えてはいけない。

むやみやたらと手を広げてしまったり、

人の意見も大切だが人の意見を聞きすぎるのもよくない。

混乱が生じて逆に結果がでなくなってしまう。

 

ゴールに到達するためには、

まずは目の前にあることを忍耐強く規則正しく行う努力。

自分が決めたことを自分なりのペースで進める努力。

 

結果を追い求めてはいけない。

結果は追い求めるものではない。

『正しい努力』を積み重ねた後に「結果」があらわれる。

 

f:id:ayurvedacramshooljunana:20210305175732j:plain

 

変化は当たり前

こんにちは。アーユルヴェーダ塾ジュニャーナの塾長です。

 

早いもので3月。

3月、4月は変化が多い時期。

卒業、入学、退社、入社、異動、引っ越し...等々

環境の変化がある方も多いのでは?

それ以外にも季節の変化もある。

冬から春に変化する。

寒暖差も激しい。

雨の日も増える。

生活環境、季節的な変化で体も心も疲れやすくなる時期。

より一層養生しなければならない。

 

身体の方は、

規則正しい生活

良質な睡眠

バランスのよい食事

(基本は6味全てを摂り、かつ悪化しているドーシャをバランスさせる味を多めにする)

適度な運動

季節の変化に気を付ける

などアーユルヴェーダが教える生活方法を取り入れて養生。

 

新しい環境、新しい人間関係で肉体的にも疲れるが精神的にも疲れるだろう。

環境に変化がなくても昨年からの新型コロナウィルスによる自粛や感染の不安からすでに精神的に疲れている方もいるだろう。

身体が健康でも心が健康でなければ本当の健康ではない、とするのがアーユルヴェーダ

心も体と同じように労わろう。

心は知らず知らずのうちに傷んでいく。

「何かおかしい」と気づいた頃には手遅れになることもある。

大切にして欲しい。

 

心を労わる考え方の一つ。

「世の中はすべて移り変わり永遠に続くことなどない」と思うのはどうだろうか。

一日も日の出から日の入りまで時々刻々と変化する。

ドーシャも変化する。

季節も変化する。

生活環境も変化する。

人と宇宙は一緒なので人も自然が変化するように変化する。

成長や老化も変化。

人の気持ちも変化する。

人間関係も変化する。

社会も変化する。

何でもかんでも変化するのが当たり前だと思っておくことが良い。

変化を当たり前とし執着をなくし過ごすことが心を守る。

執着があると、

「前の部署の方がよかった」

「前の上司が良かった」

「前のママ友の方が優しかった」

等とよかった時と比べてしまう。

昔のことに固執してしまい心が頑なになってしまう。

執着は心を悪くする。

執着は身体を悪する。

執着は人間関係も悪くする。

執着は解脱を妨げる。

執着はロクなことがない。

『何事も変化して当たり前』と受け入れてしまおう。

 

f:id:ayurvedacramshooljunana:20210222161134j:plain