読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーユルヴェーダ塾ジュニャーナ塾長日記

アーユルヴェーダについて学ぶアーユルヴェーダ塾ジュニャーナを主催している「塾長」が古典書にもとづいたアーユルヴェーダのお話を日々綴っています。

アーユルヴェーダの食事 〜キノコは食べてはいけない⁉︎〜

アーユルヴェーダ

こんにちは。アーユルヴェーダ塾ジュニャーナの塾長です。

最近「キノコはアーユルヴェーダ的には食べてはいけない食べ物ですか?」とよく質問される。

「キノコ」は現代的には、食物繊維が豊富で低カロリー、ビタミンDが豊富で健康に良いとされ、抗がん作用もあるとも言われている。味も美味しいし、価格も安いしいろんな意味で優秀な食材の一つである。そんな優秀な食材のキノコがなぜアーユルヴェーダではよくないとされているのか?

アーユルヴェーダではキノコ(菌類)は、アーマ(未消化物)を溜める、アレルギー症状がでる、意識に傘をかぶせるので解脱の道を邪魔する、なんて言われている。こんな風に言われると、素直なアーユルヴェーダ実践者はすぐにキノコを毛嫌いして食べるのをやめてしまう。

食べ物を毛嫌いする前に、なぜアーユルヴェーダではキノコが食べない方がよいとされているのかを考えて欲しい。

 

キノコはご存知のとおり「毒」のあるキノコもある。毒キノコか、食べられるキノコかを見極めるのは相当難しい。うっかり食べたら死んでしまう毒キノコもたくさんある。前回のヨーグルトの時にも書いたけれど、アーユルヴェーダのできた時代は、人々の死は国の存亡にも関わるので「死」の危険性がある食べ物は食べて欲しくないわけだ。

最近は写真を撮って毒キノコかそうでないかを判別してくれるスマホアプリがあるそうだけど、アーユルヴェーダのできた時代は、そんなアプリはもちろんないし、キノコ図鑑があるわけでもないので神の教えでもあるアーユルヴェーダで「食べない方がよい」としてみんなが食べないように注意を促した可能性が考えられる。

それから、キノコの中には「催眠作用」や「幻覚症状」があらわれるキノコもある。こういったキノコが祭祀をするのに重要になってくる。アーユルヴェーダの元になるヴェーダの宗教では、聖仙(リシ)といわれる人達が「ソーマ」という霊薬を飲んでハイな状態になり、ふつうの人が聞けない神の声を聞いてこの世に伝えるということをしていた。その霊薬が「ベニテングダケ」というキノコを圧搾した抽出物だったのではないか、という説がある。

ベニテングダケを食べると酩酊状態になったり、多幸感が得られたり、幻覚があらわれるとされている。現代人はハイになっている人がいたら「やばいヤツ」と思ってしまうけど、昔の人からしたら、幻覚症状が出て神の言葉らしきことを言っていれば「これはすごい」と信じてしまっても仕方がない。

祭祀ができる人というのは特別な人たちでもあり、時代を経てカースト制度の一番上の階級になっていく。しかも、リシたちは経済活動をしていなかったので、祭祀の時のお布施などで生活をしていくので、ありとあらゆる人たちがキノコを食べて「ハイ」な状態になって神の声を聞こえてもらっては困るのだ。なぜなら自分たちの特別性がなくなって失業の危機になってしまうからだ。そのため、自分たちの職を脅かされないように「キノコ(菌類)は食べない方がよい」とした可能性も考えられる。しかも、ベニテングダケは味は美味しいらしいので、みんなが美味しいことを知ってしまって、たくさん食べられてしまい取れなくなっても困るわけだ。そういう時代背景を考えると、なぜキノコが食べてはいけないか、という理由を自然と理解できるはず。

 

日本はキノコ大国でもある。山が多く、雨もそこそこ降り夏は高温多湿なので、キノコが繁殖しやすい環境である。日本人にとってはキノコは珍しい食べ物ではなく、ごくごく当たり前に食べている。焼いたり、煮たりする以外にも、出汁として使ったり、乾燥させて保存食として食べ、命を繋いできた歴史がある。

何度も言うけれど「食べ慣れたモノを食べること」「その土地のモノを食べること」を推奨しているアーユルヴェーダ。キノコを食べてはダメなのか、良いのかは自分で判断してください。

f:id:ayurvedacramshooljunana:20161107211928j:plain

↑ベニテングダケ(けっこうかわいい)