読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーユルヴェーダ塾ジュニャーナ塾長日記

アーユルヴェーダについて学ぶアーユルヴェーダ塾ジュニャーナを主催している「塾長」が古典書にもとづいたアーユルヴェーダのお話を日々綴っています。

インド哲学はアーユルヴェーダやヨーガの勉強に必要ない?

アーユルヴェーダ

こんにちは。アーユルヴェーダ塾ジュニャーナの塾長です。

 

アーユルヴェーダやヨーガはインドの「哲学」が重要な土台となっている。

 哲学をしらなくてもアーユルヴェーダは実践はできる。哲学を知らない人がヨーガのポーズをしちゃいけないなんて決まりもない。アーユルヴェーダのセラピストやヨーガのインストラクターでも哲学を知らない人はいる。そんなものは必要ない、と言っている人もいる。(塾長はそういう人たちを否定するつもりは一切ないので誤解のなきよう)

ただ、アーユルヴェーダやヨーガを学び、実践するのにインドの哲学を知らないとハッキリ言ってアーユルヴェーダもヨーガも体だけのただの健康法でしかない。ただの健康法としてアーユルヴェーダやヨーガを生活に取り入れたいならそれでよい。小難しい哲学なんてやる必要ない。それはその人の選択の自由。

 哲学を知っていた方がよりアーユルヴェーダやヨーガを深~く理解できておもしろいし、大げさだけど人生がかわる。知っていたほうが役に立つ。

 例えば・・・アーユルヴェーダもヨーガもハイスペックなパソコンと仮定する。

ハイスペックなパソコンを持っていてもネットでヤフーニュースをみるぐらいのパソコンの知識しかなかったら宝の持ち腐れ。でも、いろんなパソコンの知識をもっていて、あれこれと使いこなせればとっても便利。世界中の人とつながることができるし、パソコン一台で起業することだってできる。世界が広がる。ハイスペックパソコンでも十分ネットサーフィンはできるけど、パソコンの力を最大限に発揮させて仕事を効率化させたり、起業するにはパソコンのいろんな知識が必要になる。アーユルヴェーダもヨーガもちょろっとした知識でも使えるけど「哲学」という知識を知ることで、アーユルヴェーダやヨーガの力を最大限に引き出して使いこなせるようになる。そして、すっごい世界が広がる。

パソコンもそうだけど使いこなすための知識というのは難しい。インドの哲学も難しい。最初は何がなんだかさっぱりわからない。だから挫折しちゃう人も多いし、受け入れられない人も多い。けど、さっぱりわからないことを探求していくのが哲学。しかも、インドの哲学は探求することで「解脱や悟りを開く」という考え方なので、完璧に理解できたら「解脱」することになる。簡単にそのへんの人間がそこまで到達できないものだから「哲学なんぞさっぱりわからん!」でかまわない。でも「わかんない」で投げ出したら意味がない。必要なのは「知ろう!」っていう気持ちと努力。気持ちと努力があれば、インドの哲学はいろいろなことを教えてくれる。興味があれば大学の哲学科を受験したり、師匠をさがして深く探求すればいいけど、アーユルヴェーダやヨーガをやるなら、どういう「考え方」がアーユルヴェーダやヨーガには土台にあるのかってことぐらいせめて知っていた方がいい。

 

インド哲学を学ぶと考え方や物事の捉え方がかわる。物事のみかたがかわると自分の世界がかわる。今まで見えてなかったことがたくさん見えるようになる。いろんなことが見えてくると、自分の行動がかわる。行動がかわると人生もかわる。 

アーユルヴェーダやヨーガはだたの健康法ではない。体もかえてくれるけど、生き方も人生もかえてくれる。けど、深く知るためには深く知るための必要な知識がある。それを学ぶか、学ばないかはあなた次第です!