アーユルヴェーダ塾ジュニャーナ塾長日記

アーユルヴェーダについて学ぶアーユルヴェーダ塾ジュニャーナを主催している「塾長」が古典書にもとづいたアーユルヴェーダのお話を日々綴っています。

しっくりいくのはどっちだ?

こんにちは。アーユルヴェーダ塾ジュニャーナの塾長です。

 

アーユルヴェーダの本を読んだり、入門講座などに行くとまず始めに説明されるのが「アーユルヴェーダ」という言葉の意味である。

アーユルヴェーダというのは、インドのサンスクリット語という言葉の「アーユス」という言葉と「ヴェーダ」という言葉がくっついて「アーユルヴェーダ」という言葉になったのですよー、とたいていの人は教えられる。

そして、「アーユス」は「生命」、「ヴェーダ」は「科学」という意味で、アーユルヴェーダを日本語に訳すと「生命の科学」ですよー、と説明される。

 

塾長は以前からこの「生命の科学」という訳がなんかしっくりいかない。

なんかわかったような、わかんないような訳である。アーユルヴェーダを学んで行くとますますこの「生命の科学」という訳に違和感を感じる。

 

「科学」を英訳するとScience(サイエンス)である。「科学」という言葉をイメージすると塾長はどうにも「でんじろう先生」がやっている理科授業の実験みたいなイメージになってしまう。アーユルヴェーダとでんじろう先生はどうにもこうにも結びつかない(でんじろう先生は好きだけどね(*´ω`*))

 

Scienceには「科学」という意味もあるが「技術」という意味もある。アーユルヴェーダは医学なので医学を「病気を治す技術」ととらえても間違えではない。

それでも「技術」という言葉にも違和感を感じる。日本人のイメージする「技術」は手や道具をつかって何かを作り出したり、直したりするイメージが強い。

確かに、アーユルヴェーダでも外科的な処置をするので、それは「技術」である。

オイルトリートメントやシロダーラのやり方やオイルのつくり方も技術である。

でも、それらはアーユルヴェーダのごくごく一部でしかない。これらの「技術」をアーユルヴェーダであると勘違いされては困る。

 

Scienceの語源はラテン語のScientia(サイエンティア)から派生した言葉である。ScientiaはさらにScioという「知る」という言葉から派生し意味は「知識」である。

 

また、アーユスの語源は「イ」という言葉で、行く、生きる、到達する、赴くなどという意味がある。

 

チャラカ・サンヒターなどのアーユルヴェーダのテキストを読むと、もちろん技術的なことも書かれてはいる。

しかし、それよりかは「この人生をいかにして生きるか」「よりよく生きていくためにはどうしたらよいのか」「真の幸福を得るためにはどうしたらよいか」というような哲学的、道徳的内容の方が多く、そして深い深い意味がある。

それらの深い意味を知り、心にとめおきながら生きることで病気を防いだり、病気を治して、心穏やかに生きることが大切である、ということを読み取ることができる。

 

アーユルヴェーダを「生命の科学」と訳すよりかは「生きるための知識」や「よりよく

生きるための知識」などと訳したほうが非常にしっくりする気がするのである。

 

さて、みなさんはどちらの訳がしっくりすると思いますか?

それから、もっともっとアーユルヴェーダのよい訳があったら教えてくださいねー。

 

f:id:ayurvedacramshooljunana:20170415125148j:plain