アーユルヴェーダ塾ジュニャーナ塾長日記

アーユルヴェーダについて学ぶアーユルヴェーダ塾ジュニャーナを主催している「塾長」が古典書にもとづいたアーユルヴェーダのお話を日々綴っています。

仕事について考える ~その2~

こんにちは。アーユルヴェーダ塾ジュニャーナの塾長です。

 

前回、インドの仕事事情について書いたのだけど、

アーユルヴェーダのブログなのになぜに仕事の話なの?

と思った方もいるかもしれない。

 

実は、アーユルヴェーダの元祖教科書であるチャラカ・サンヒターには

仕事について触れている箇所がある。

 

例えば、

ダルマ・アルタ・カーマ・モークシャにとって健康はもっとも基礎になるもの、と言っている。この「ダルマ・アルタ・カーマ・モークシャ」というのはインド古来からの働くことの意味や生き方の一つの考え方で人生の4大目的(モークシャはダルマ・アルタ・カーマを行えば、結果モークシャとなるのでモークシャを含めず3大目的という場合もある)と言われている。

人生の目的を果たさなければ解脱ができない、ということである。インドの宗教、哲学、医学の最終目標は解脱なので、人生の4大目的を果たすためには健康でなければならない。つまり健康でなければ解脱ができない、と言っている。その解脱のために健康である方法を教えるのがアーユルヴェーダなのだ。

 

では「ダルマ・アルタ・カーマ・モークシャ」という言葉の意味をひとつずつ探ってみよう。(サンスクリットは一つの単語にたくさんの意味があるのでここでは簡単に訳します)

 

ダルマ

法・道徳・倫理・役割・使命など

人は人生において、ルールや道徳を守りながら生きていかなければならない。また、それぞれの人にはやるべき役割や使命があるので、それらを果たさなければならない、ということ。

 

アルタ

財を得ること、富を得ることなど

お金を稼いだり、富や財産を作り上げること。不正に稼いだお金や人の財産などを奪ってお金持ちになることではないよ。

 

カーマ

愛や願望を叶えること

愛する人と結ばれ子孫繁栄すること。自分のやりたいことをやること。

 

モークシャ

解脱

 ダルマ・アルタ・カーマを余計なことを考えず一生懸命に行えば解脱ができる。3つのうち一つでも欠けたり、欲望に負けたり、文句を言ったり、何も実行しなければ解脱はできない。

 

インドは前回でも書いたけど、生まれながらにして自分の仕事が決まっているので、自分のおかれた立場や仕事に文句など言わずに、自分のやるべきことをやらなくてはいけない、ということでもあるんだけど、この人生の4大目的を現代の私達の「仕事」という観点で考えたらどうなるのか書いていこうかな、と思ってます。