アーユルヴェーダ塾ジュニャーナ塾長日記

アーユルヴェーダについて学ぶアーユルヴェーダ塾ジュニャーナを主催している「塾長」が古典書にもとづいたアーユルヴェーダのお話を日々綴っています。

夏バテ予防のおススメ料理

こんにちは。アーユルヴェーダ塾ジュニャーナの塾長です。

 

ここ数日、関東は少し気温が下がったがマジで暑かった。。

気象庁の発表では今年の暑さは災害レベルと言うほど異常な暑さ。。

塾長は普段はエアコンをかけない生活をしているが、さすがに今年は命の危険を感じてエアコンをつけた。

 

あまりにも暑いと体力を消耗する。

夏風邪を引いている方、イマイチ元気が出ない方もいるのでは?

 

夏はアーユルヴェーダでは季節の中でも身体を一番弱らせる季節だ。

太陽の熱が体力を奪い、消化の火(アグニ)を弱める。

また、冷たい物を食べ過ぎたり、エアコンにあたりすぎたり、涼しい部屋から暑い外へ出入りもドーシャのバランスを崩す原因となり、寝苦しくて寝不足になると体力を低下させる。

さらに、関東は今日は25度、めっちゃ暑い時から10度近く気温差がある。

この気温差も暑さで弱った体には堪える。

食欲も落ち、さらに体力を弱める。

夏は体調が悪くなる原因が山ほどある。

 

そんな身体を弱らせる暑い時期に、何を食べたら良いのだろうか。

日本では夏バテしないように夏に「精」のつくものを食べる習慣がある。

土用の丑の日の「うなぎ」が有名だが、これは夏に売れないうなぎを夏に食べてもらおうという平賀源内のアイデアだが「う」のつく食べ物を食べると夏バテしない、という言い伝えから来ている。

昔は、鰻以外には瓜、梅干、うどん、うさぎ、馬肉(うま)、牛肉(うし)などを食べる習慣があったそうだ。

実は、「うなぎ」はビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンB1ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12といずれも豊富に含み、エネルギー代謝も効率的に行われ身体の調子が整う。またミネラルではカリウム、カルシウムのほかに、鉄や銅も含み栄養が豊富なのだ。

食欲がおち、栄養不足になりがちな夏に「うなぎ」を食べるのは理にかなっているのだ。

インドのスパイスを使ったカレーも消化力をあげ、発汗することに体内にたまった熱を出す作用もあるので暑い時期にはよい。

 

とはいえ、あまりに暑かったり、体力が落ちていると、うなぎもカレーもけっこう重いと感じる時がある。

塾長は辛いのがあまり得意ではないので、インドカレーを食べるときはライスかナンがないと食べられない。

このライスとナンが厳しいのだ。

特に、ナン。好きなんだけとデカすぎる。。

一人で食べに行くと食べきれない。。

 

そこで、塾長は夏の体力の落ちる時期や夏以外でも風邪を引きそうなときによく食べるものがある。

それは、韓国料理の「参鶏湯(サムゲタン)」

韓国料理を研究している友人にきいたのだが、

韓国では夏に熱々の「参鶏湯」を食べるそうだ。

韓国も「医食同源」の国であり、「参鶏湯」は夏バテしないように食べる養生食、滋養食なのだそうだ。

参鶏湯は、若鶏を丸々一羽、もち米、朝鮮人参、ニンニク、ショウガ、ナツメ、松の実、クコの実などをじっくり煮込む。

調理中は味付けは基本せず、食べるときに塩、コショウで各自で味付けをしながら食べる。

良く煮込まれていると骨までやわらかく骨も食べられる。

アーユルヴェーダでも動物の肉や骨の髄は優れたモノとしている。

米は滋養をつけ、朝鮮人参は滋養強壮剤として日本でも有名である。

ニンニク、ショウガ、塩、コショウは消化力を強め、植物の実や種は栄養が詰まっている。

さらに塩は熱中症予防にもなる。

現代栄養学的にもたんぱく質も夏バテ予防には必要。

たんぱく質は、体の細胞、筋肉、血液の原材料となる。

たんぱく質 が不足すると体全体の代謝が落ちてしまう。

ちなみに、うなぎもたんぱく質が豊富。

夏バテをしていると、さっぱりとした素麺と薬味だけ、で終わりにしている方もいるかもしれないが、麺類と野菜だけではたんぱく質不足になり、夏バテの原因にもなる。

参鶏湯は、食事でもあるが滋養強壮の薬だ。

さすがに一人で一羽は食べられないが、最近はハーフサイズを提供してくれるところもあるので、女性ならハーフサイズで十分だろう。

 

ただし、めっちゃめちゃ体力が弱っている時は、参鶏湯も消化に負担がかかる。

また、ピッタが悪化している方にはピッタを余計に悪化させるので、ご自身の身体の調子によって何を食べたらよいか選択してほしい。

 

まだまだ暑い日が続くようなので、夏バテしないように自分の身体をよく観察して養生しながら生活をしょう。

 

f:id:ayurvedacramshooljunana:20180728134425j:plain