アーユルヴェーダ塾ジュニャーナ塾長日記

アーユルヴェーダについて学ぶアーユルヴェーダ塾ジュニャーナを主催している「塾長」が古典書にもとづいたアーユルヴェーダのお話を日々綴っています。

龍雲

こんにちは。アーユルヴェーダ塾ジュニャーナの塾長です。

 

先日、静岡県にある久能山東照宮三保の松原へ旅行に行ってきた。

富士山の名所である三保の松原に行ったのに、

富士山に雲がかかってイマイチ。。

せっかく行ったのに、と塾長がブツクサ言っていたら、

一緒に行った相方が富士山にかかる雲が「龍」みたいに見える、

と言いだし、

調べてみたら、

龍の形の雲は「龍雲(りゅううん)」と言う縁起の良い雲だそうだ。

言われてみれば、

「龍」が富士山を横切っているように、

見えるような、

見えないような...

龍雲と富士山!

ブツクサ文句を言っていくせにダブルで縁起が良いやん!

とソッコー調子に乗ってしまう塾長。

しかも、龍雲や富士山を携帯の待ち受けにすると運気が、

アップするとか、

しないとか...

イソイソと待ち受けにするミラクル単純な塾長。

 

人によっては、

運気アップなんて嘘やん、

龍にみえないし...

と思われるかもしれない。

でも、

雲で富士山がよく見えなかった、

と言うマイナスな旅の思い出を抱えながら生きていくより、

富士山にかかる龍雲をみることができて良い旅だった、

と思いながら生きていく方が心が幸せになる。

物事は自分の心の捉え方一つで、

不幸にも幸福にもなる。

あまり、自分は幸せではないな、

と感じる方は、

物事に対しての捉え方が、

自分の心が幸せになるように捉えていないのかもしれない。

そう言う方は、

自分の物事の捉え方を考え直してみると良い。

 

みなさんの運気がアップするかは分かりませんが、

著者権はありませんので、

龍や!

縁起良いやん!

と思える方はご自由に待ち受けにして下さい。

 


f:id:ayurvedacramshooljunana:20200110205748j:image
f:id:ayurvedacramshooljunana:20200110205744j:image

f:id:ayurvedacramshooljunana:20200110210744j:image

久能山東照宮からの太陽