アーユルヴェーダ塾ジュニャーナ塾長日記

アーユルヴェーダについて学ぶアーユルヴェーダ塾ジュニャーナを主催している「塾長」が古典書にもとづいたアーユルヴェーダのお話を日々綴っています。

コロナウィルスとアーユルヴェーダ

こんにちは。アーユルヴェーダ塾ジュニャーナの塾長です。

 

コロナウィルスが広がりつつある。

対策をもっと早く中国政府や日本政府にはやっていただきたかったが、

今更、

一般庶民が文句を言っても仕方がない。

 

まずは、

感染しないように自己防衛するしかない。

 

はっきり言うが、

コロナウィルスに感染してもアーユルヴェーダでは治療できない。

インフルエンザも同様だ。

 

アーユルヴェーダには、

得意、不得意がある。

アーユルヴェーダは、

急性の病気の治療は得意でない。

 

アーユルヴェーダのできた時代は、

まだウィルスがなんだかわからなかった時代である。

感染症は、鬼や悪魔に取り憑かれる、と言っていたような時代の医学である。

また、

現代ほど人の移動がなかったので、

感染症が現代より多くなかったと言われている。

そのため、

感染症などの急性な病気の治療は得意ではない。

コロナウィルスに限らず、

インフルエンザや風邪などに感染した場合は、

ハーブなどに頼らずに医療機関で適切な処置をしてもらおう。

 

逆に、

得意なのは、

慢性の病気の治療や病後の体力の回復や病気にならないようにするための身体作りが得意である。

 

まずは、

感染しないように予防すること。

それは、基本的なこと。

 

『オージャスを減らさない』

『オージャスを増やす』

 

オージャスは免疫力とも訳されるが、

その人の生きるパワーである。

パワーがあれば、

悪いものをはね除けることができる。

 

そして、

当たり前の事が身を守る。

手洗い

うがい

睡眠

バランスのとれた食事

適度な運動

ストレスをためない

人混みをさける

マスクの着用

持病がある人は持病がない人より注意をはらう

などなど

 

それから、正しい知識を身につけること。

注意することは必要だが、

正しい知識を得て、

正しい行動をしていれば、

過剰に怯える必要はない。

不安や心配は、

オージャスを減らす。

知識があることは、

病気を予防する。

 

f:id:ayurvedacramshooljunana:20200128091023j:image