アーユルヴェーダ塾ジュニャーナ塾長日記

アーユルヴェーダについて学ぶアーユルヴェーダ塾ジュニャーナを主催している「塾長」が古典書にもとづいたアーユルヴェーダのお話を日々綴っています。

アイツらは心の緩みを待っている

こんにちは。アーユルヴェーダ塾ジュニャーナの塾長です。

 

今週にも緊急事態宣言が北海道、東京、神奈川、埼玉、大阪、兵庫以外は解除されるという雰囲気になってきた。

ただ、みなさんご存知のとおり新型コロナウィルスがなくなったわけではない。

緊急事態宣言が解除され人が動き出せば再び感染が広がる。

第2波、3波がくる可能性は大いにある。

 

人間の気の緩み、心の緩みがウィルスにとっては人間の体に侵入し、人間の体をのっとる最大のチャンスだ。

ウィルスがニヤニヤしながら人間の気が緩むのを手ぐすねを引いて待っている。

 

ついマスクを外したり、つい手洗いをおろそかにしたり、つい友達と久しぶりー!stay home中なにしてたー?とワイワイ騒いだりすることなどで感染してしまう可能性はある。

今まで頑張ってきた努力が、ちょっとした気の緩みで台無しになる可能性がある。

緊急事態宣言が解除されることで、

むしろ気を引き締めなければならない。

 

そしてこれからは暑くなる。

アーユルヴェーダ的に言えば、

太陽の熱はオージャスを枯らし体力を奪うとされる。

夏は体力が一番弱まる季節だ。

日本の暑さや湿気によりウィルスが不活性化される、なんて話もある。

しかし、蒸し暑い東南アジアなどでも蔓延していることを考えるとあまり夏に過度な期待をしてはいけないと思う。

むしろ、暑さで体力が弱くなり、消化力が弱り、食欲がなくなり、寝苦しさで寝不足になり感染リスクが高まる可能性がある。

今までと違った環境になり肉体的に疲れている方。

怒り、不安、悲しみなどで精神的に疲れている方。

すでにオージャスが減っている可能性がある。

オージャスつまり免疫力、生命力が減ればウィルスに乗っ取られる。

今からオージャスを満たしておこう。

 

 

↓↓こんなヤツらが悪い顔をして待ってるぞっ!

気をつけろ!

f:id:ayurvedacramshooljunana:20200513164442j:image