アーユルヴェーダ塾ジュニャーナ塾長日記

アーユルヴェーダについて学ぶアーユルヴェーダ塾ジュニャーナを主催している「塾長」が古典書にもとづいたアーユルヴェーダのお話を日々綴っています。

秋はピッタが悪化する?

こんにちは。アーユルヴェーダ塾ジュニャーナの塾長です。

 

ここ数日、塾長の住む神奈川は雨が続き涼しい。

とんでもなく暑い日々から冷たい雨が続きなんとなく体や気持ちが重くなりがちだ。

8月は暑くてピッタが悪化していたが雨と涼しい日でピッタの悪化がよくなった。

しかし、8月末から最近はカパが悪化傾向である。

秋はピッタが悪化する季節、と一般的にはいわれている。

しかし、気候変動によって一概にはそうとは言えなくなってきた。

涼しいのは関東の限られた地域のようだが、

自分が生活する地域の気候や自分の生活環境によって、ドーシャがどう変化するのか一般論だけにとらわれずに自分の体と心をよく見つめて対処しなければならない。

季節の変わり目はただでさえ体調を崩しやすい。

しかも、コロナ禍である。

お互い体調管理をしっかりとやっていこう。